プロフィール

Author:ashitagaaru

30代SE。男

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ご来場数

無料ホームページ ブログ(blog)

お気に入り リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワッツ

昨日上方修正の発表がありましたが、
今朝板を見たら、
株価がついていませんでしたが、
買いが薄かったので、
STOP高値で指しておいたら売ることができました。
結果的に今日のチャートを見ると
正解だったようです。ラッキーでした。

再度の上方修正も期待できますし、
以前割安ですからまた買うかもしれません。

売り\260000(約9.7%利確)
スポンサーサイト

ワッツ上方修正

ワッツが業績の上方修正をしました。
中間決算と通期業績も早くも修正です!

         売上げ 経常利益 純利益
中間前回予想   9400 220 120
中間今回修正   9402 300 150

         売上げ 経常利益 純利益
通期前回予想   19500 500 260
通期今回修正   19500 530 275

この発表で割安状態が少しは改善される事を期待します。

ワッツの中間決算予想・続

IRに聞いてみた所、
月次情報は店舗数も含めて、ワッツ単独の情報とのことでした。
HPトップページの店舗OPEN情報は掲載されない場合があるとのことでした。

三栄商事のHPをみると店舗は、9店舗。
期初の三栄商事の直営店は9店舗とIR資料に記載されていますので、
店舗数は同じだと思います。
なので、三栄商事の売上げは昨年度と
ほぼ同じと考えていいと思います。
(IR回答では、1店舗リニューアルしている)

なので、前回結果から中間決算の売上げは会社予想とほぼ一緒になると予想します。
まあ、ど素人の計算なので、間違っている可能性は充分にありますが、
当たっているか決算が楽しみです。

しかし、初めてIRに確認してみましたが、
すぐにメールで返事が返ってきて、好印象です。

ワッツ2月月次&中間予想

ワッツの2月月次がでました。

中間決算の売上げを予想してみたいと思います。
計算方法については他のブログにあったのですが、
自分でも勉強の為、やってみます。

まず、ワッツの月次は
前期子会社にした三栄商事が入っていません。
シーエムケー・トレーディングについて
連結会社内の取引と思いますので無視します。

前期の三栄商事の売上げ1353(百万)
単純計算して中間決算での売上げ 1353/2=677(百万)

ワッツ連結の売上げ中間予想 9400(百万)
ワッツ単独の中間予想は三栄商事分を引いて、9400-677=8723(百万)
昨年度ワッツ単独の中間決算 7624(百万)
ワッツの対昨年度比 8723/7624=114.4%

つまり月次の平均が114.4%位なら中間の売上げ達成となります。

では月次情報から計算すると、
6ヶ月平均の売上げ比率は114.36%
です。
なので、中間決算は問題ないと思います。
ただし、この計算は非常に単純に計算しています。

まず、三栄商事の売上げが昨年度と同じであることが前提です。
それで気になるのが、
ワッツのトップページにある最新情報で
2月は4店の出店になっていましたが、
月次をみると、7店の出店になっています。
またもや、数が合いませんね????(って今更なんですが。。。)
聞いてみますか。













ワッツ1月度月次

売上高対前年同月比
1 月
100 円ショップ店舗 112.3%
100 円ショップ卸他 113.7%
ディスカウントショップ 69.2%
合 計 110.2%
100 円ショップ既存店 95.8%

ディスカウントショップについては縮小傾向にあり、
売上比率も低いので問題ないと思います。
今月も店舗数は純減2と進んでいないですね。
2月は今の所4店出店しています。

既存店が落ちています。心配ですね

累計出店数/今期予定出店数 31/75
累計退店数/今期予定退店数 19/30


ワッツ第1四半期

今更ですが、1月23日に発表されたワッツの第一四半期決算について
2006年は連結決算と2005年は単独決算ですが差がないものとして比較。

2006年度3カ月決算(2005年9月1日-2005年11月30日) 注) カッコ内は前年比
06年度3カ月決算 05年度3カ月決算 06年8月期予想 05年8月期実績
売上高 (百万円) 4,635 3,686 19,500 16,251
(+25.7%) (通期予想 20%)
営業利益 (百万円) 98 非公開 非公開 500
経常利益 (百万円) 124 非公開 500 466
当期利益 (百万円) 54 非公開 260 236

なぜか月次情報と一致しません。
月次情報は連結対象も含んだ前年同月比でおり、
05年3カ月決算には含まれていないのでしょうか?

まあ、上方に振れているのでよいのですが、
利益面は計画以上の出店ということで問題ないと思います。
当期で特別損失11百万円計上。







ワッツ12月度月次

売上高対前年同月比
12 月
100 円ショップ店舗 117.8%
100 円ショップ卸他 110.0%
ディスカウントショップ 74.6%
合 計 114.0%
100 円ショップ既存店 99.6%

ディスカウントショップについては縮小傾向にあり、
売上比率も低いので問題ないと思います。
店舗数は12月は純減1と進んでいないですね。
頑張って欲しいです。

通期予想の売上率は、前年比120%です。
8月決算なので、現段階では悪くはないと思います。
まあ、全体としては悪くもないし、よくもないという感じですね。
既存店も100%近いですし。


ワッツ

時価総額  3,687(百万単位)
有利子負債 999(百万単位)
今期一株益 16,854(四季報)
来期一株益 19,446(四季報)
配当 1.3%(四季報)

[定量分析]
今期PER=14.1
来期PER=12.2

PER的に割安です。前期に業績を下方修正しているのと
小型株なのが原因だと思います。
そこで気にしなければいけないのは月次情報です。
月次情を見ると9,10,11月で対前年度比116%でした。
四季報予想の通期の今年度売り上げ増加率は119%です。
現在は順調な滑り出しをしていると思います。
新規出店は、四季報では新規出店75、閉鎖30とありますので
このチェックも月次でする必要があります。

[定性分析]
前期の下方修正の原因であった眼鏡店や癒し系店等の100円SHOP以外の多他店舗は撤退する方向なので、下方修正要因の1つは改善。
新規出店の遅れについては、月次情報でチェックすればよいです。

ワッツは小商圏に強みがあるので、例えば食品スーパーの中に店舗を構える等、出店費用を抑え他店舗との相乗効果を得ることができます。

100円SHOP業界については、常々言われているように、
消費は2極化すると思われるので、つまり高級品はお金を惜しまず、
汎用品はできるだけ安く買うという流れにより、
汎用品の低価格なこの業界は有望だと思っています。
私も100円SHOPは利用しています。





| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。