プロフィール

Author:ashitagaaru

30代SE。男

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ご来場数

無料ホームページ ブログ(blog)

お気に入り リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊藤園株主総会通知書

伊藤園から株主総会通知書が送られてきました。今回の注目は、優先株発行についてですが、よく読んでみてなんとなく概要はわかりました。
以下、概要です。簡単に書いているので厳密には違っているかもしれません。

・優先株の配当は普通株比100~130%
これってなんで下限が100%なんでしょう?議決権行使しない代わりに高配当が特徴なのだから下限は普通株費より高くならないと優先株とは言えないと思う。

・普通株が無配の時でも優先株には優先的に配当します(この場合、普通株配当比は無視)
うーん、普通株が無配の時点で投資先としては終わっているので関係なしかな。

・買収されそうになったら、優先株は伊藤園が普通株に変換
買収者は優先株も考慮して株数を買い付ける必要があります。


個人株主優遇との説明がされており、基本的に経営陣は信頼していますが、私は議案の反対に○をしておきます。
理由としては
・株式の流動性が下がる。普通株と優先株の2つに分散されるわけですから
・優先株に高い配当をする為に、普通株の配当が抑えられる可能性がある。結局会社の資産から配当することに代わりありませんから、会社が配当する総額は決まってきます。


スポンサーサイト

伊藤園2007年4月期決算

伊藤園から2007年4月期決算が発表されています。

カッコ内は前年比、単位百万円。
06年4月期連結 07年4月期連結 08年4月期連結予想
売上高 288,077 310,200 336,700
(+7.7%)(予想+8.5%)
営業利益 21,066 22,796 24,470
(+8.2%)(予想+7.3%)
経常利益 20,526 22,267 23,600
(+8.5%)(予想+6.0%)
当期利益 11,685 12,261 13,370
(+4.9%)(予想+9.0%)

伊藤園は最初から高成長は期待できないので、昨年の夏が短かったことを考えると、安定成長のよい決算だと思います。

また5年後2012年の中期計画を発表しています。
07年実績→12年計画
売上高 310,200→500,000(百万)
ROA 9.5%→10%
EPS 137.59→220.00
配当性向 34.2%→40%

売上高、EPSは年平均で約12%増。安定成長継続ですね。

TULLY'S COFFEE BARISTA'S SPECIAL

伊藤園からTULLY'S COFFEE BARISTA'S SPECIALが首都圏のコンビニ限定で発売されています。商品コンセプトが伊藤園ですね。

TULLY'S COFFEE BARISTA'S SPECIALのコンセプトは、
・厳選したアラビカ種を100%使用
・豆を挽いてから24時間以内に抽出
・香料・乳化剤不使用。自然のままのおいしさ

おーいお茶は
・国産茶葉100%使用
・おいしさは香り、自然抽出・フレッシュ製法
・無香料・無調味。自然のままのおいしさ

です。原料や製法は違うにしても目指している所は同じです。原料にこだわり、自然のままのおいしさを提供する。また味の要素である香りを重視しています。TULLY'S COFFEE BARISTA'S SPECIALの広告をみて、TULLY'Sの買収は伊藤園にとって成功だったと思いました。伊藤園が大事にしている商品コンセプトが詰まっています。他のコーヒーチェーンでは、これは難しかったかもしれません。

TULLY'S COFFEE BARISTA'S SPECIALは電車内のつり革広告等で大々的に宣伝していました。消費者にどう受け入れられるかわかりませんが、期待しています。

伊藤園 日経 2007年4月決算

日経に伊藤園の前期業績の記事がありました。
売上げは前期比8%増(計画比-58億)
経常利益は前期比10%増(計画比+2億)
利益は前期比9%増(計画と同じ)
になったようです。
どうせどっかから漏れてるんでろうからこの決算のようですね。
毎回発表前に日経に報道されているような気がするが、情報管理はどうなっているのか???

さて問題は今期予想です。日経には増収増益を目指すと書かれているが値はなし。


お~いお茶 新茶

「お~いお茶 新茶」と「お~いお茶 濃い新茶」がコンビニ限定で発売されています。コンビニに行くと一番売れる棚全てに並んでいました。
株主としては爽快ですね。GWも天気が良さそうですし、期待です。

最近はコンビニでPBの安い緑茶が売られていますが、伊藤園の売上げ的には今の所特に影響がないようです。3月月次でもお~いお茶ブランドで前年比5.2%増。4月、5月は新茶効果がどれ位でるか楽しみです。

緑茶飲料は他社からもいろいろでていますが、おーいお茶は今回の新茶等の限定商品、味(おいしさは香り)、無香料、無調味、100%国産茶葉の安心感が今も支持されているようです。

日経ビジネス?だったかで伊藤園(お~いお茶)のブランドについての記事が書かれています。

伊藤園2007年4月期3Q

伊藤園が3月2日に2007年4月期の3Q決算を発表しています。

07年3Q 06年3Q 07年4月期予想 06年4月期実績
売上高 234,189 219,891 315,800 288,077
 3Q前年比+6.5%:通期予想前年比+9.6%:通期予想進捗率74.2%
営業利益 17,506 16,411 21,066
 3Q前年比+6.7%:
経常利益 17,373 16,136 22,300 20,527
 3Q前年比+7.7%:通期予想前年比+8.6%:通期予想進捗率77.9%
当期利益 9,725 9,087 12,700 11,685
 3Q前年比+7.0%:通期予想前年比+8.7%:通期予想進捗率76.6%

売上と利益共に前年比から考えると通期計画比より若干のマイナス。昨年の夏が前年より暑くなかったことを考えると、この程度ならいい結果と思います。逆に、暖冬の影響を受けてか1月と2月の販売数量は増えてますので、これからの巻き返しに期待です。まあ、現状のペースでも若干の未達程度だと思いますので問題なしです。
また、緑茶市場全体では前年比マイナスですが、伊藤園は販売数量を増やし、緑茶の販売シェアは前年比より上昇し37%ですから強いです。順調に安定成長しているという印象です。
今年の夏は猛暑との予想もありますが、どうなりますかね?

サッポロホールディングス TOB

スティール・パートナーズがサッポロホールディングス <2501> に対しTOB(株式公開買い付け)を提案しています。

この余波は伊藤園にもきているのか、株価が上がっています。
伊藤園は実質無借金で財務優良ですから、買収防衛等で思惑が浮上しているのでしょうか。酒類は伊藤園は手がけていませんし。

と思って、
サッポロホールディングス軽く見てみたら、
ROE3.3%
ROA0.6%
株主持分比率19.3%(借金大)

対する伊藤園は、
ROE15.1%
ROA9.6%
株主持分比率58.2%(実質無借金)

伊藤園は、工場を持たないという決定的な違いはあるものの、サッポロの数字を見るとひいてしまいます。

比較対象がよくなかったかもしれないので、アサヒビールは、
ROE8.8%
ROA3.3%
株主持分比率36.5%

さすがにサッポロよりいいですね。

今回の件、伊藤園が総合飲料メーカーとして将来酒類の販売を考えているのであれば、提携等のチャンスではありますが。
さて、経営陣はどう考えていますかね?

しかし、サッポロは225銘柄ですか。伊藤園も期待ですね。


伊藤園12月月次

伊藤園から12月の月次が発表されています。
単月 5.6%
累計 4.5%

日本茶(おーいお茶)の売上げがすこーしだけプラ転しています。
先月よりはよい月次でした。

中国茶の増加は、「烏龍茶 濃い味」の販売好調によるものでしょうか。
コンビニでよくみます。

伊藤園 2006年

伊藤園の2006年を簡単に振り返ってみます。

株価は、
2006年大発会 3560円 前期会社実績PER=27.2
年初来高値 4,570(04/12) 前期会社実績PER=34.9
年初来安値 3,360(11/13) 今期会社予想PER=23.6
12/25    3640円 今期会社予想PER=25.5


結局一年を通すと株価はほとんど変わりませんでした。

夏場までは昨年より冷夏の影響を受けるも、
「おーいお茶」が前年比プラスをキープし、好調。
9月発売の「熟成あまみ」が想定以下だったのが主因と思っているが、
9月の月次から「おーいお茶」の売上げが前年比マイナスとなっている。この時、株価は急落。
10月末にタリーズを買収し、今後のコーヒー事業が期待される。

私の売買は、9月月次で「おーいお茶」の売上げが前年比マイナスとなったので、100株(1単位)@4050円で売り、約135,000円の利益確定。残り100株となっている。保有は2005年9月~。

今年は特に伊藤園の含み益があったおかげで、
持ち株PFが大幅赤字にならず、精神的に癒されました。
伊藤園は、初めてバフェット本を読んで買った銘柄なので思い入れがあります。普段もほぼ毎日伊藤園の飲料を飲んでいます。
今は自分の中では、恩株&応援株としての位置づけですので、
今後も1単位はずっと持っていたいと思っています。
理想はあと1回2分割すれば、1単位売ってただ株にすることですが。

2007年は猛暑になれば、「おーいお茶」の売上げ増が期待できるが、
今年と変わらなければ、良くて前年比と同じでしょうか。
野菜飲料とコーヒーとアメリカ事業の伸びで着実に安定成長して欲しいです。
中長期的にアメリカで伊藤園のブランドを築ければ、ものすごい業績UPになると夢見ています。

伊藤園2006年10月中間決算

伊藤園が12月4日に2006年10月の中間決算を発表しています。

カッコ内は前年比、単位百万円。
06年10月中間期 05年10月中間期 07年4月期予想 06年4月期実績
売上高 162,632 154,552 315,800 288,077
(+5.2%)
営業利益 12,907 12,014 21,066
(+7.4%)
経常利益 12,862 11,896 22,300 20,527
(+8.1%)
当期利益 7,423 6,849 12,700 11,685
(+8.4%)

優良株らしい安定成長です。

今期は、9月の月次から「おーいお茶」の売上げが
前年比マイナスとなり成長が止まっていますが、
野菜飲料の好調によりカバーしました。

今後は、フードエックスグローブ(タリーズコーヒー)買収による
コーヒー&店舗事業。アメリカをメインとした海外に期待しています。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。