プロフィール

Author:ashitagaaru

30代SE。男

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ご来場数

無料ホームページ ブログ(blog)

お気に入り リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フージャース全株売り

フージャースを5株全て損切りしました。売値82400円。
またシーズクリエも損切りしました。売値64900円。

フーは1年以上の長い付き合いでしたが、損失額も大きく残念な結果となりました。
マンデベへの投資はしばらく控えようと思います。

代わりにチェルトを買いました。チェルトについては後日また書きます。
スポンサーサイト

フージャース2007年3月期決算

フージャースから2007年3月期決算と自己株式取得の発表がありました。

カッコ内は前年比、単位百万円。
07年3月 06年3月 08年3月期予想
売上高 37,640 29,913 50,500
(+25.8%)(予想前期比+34.2%)
営業利益 5,613 5,071 6,050
(+10.7%)(予想前期比+7.8%)
経常利益 5,400 5,064 5,500
(+6.6%)(予想前期比+1.8%)
当期利益 3,180 2,996 3,245
(+6.2%)(予想前期比+2.0%)

ざっと見たが、
純利益の伸びが2.0%とは。。。。がっかりの通期予想です。
というか、中期経営計画の20%以上の経常利益成長率は、どこにいった???
昨年度だけの失敗(下方修正&低成長)なら、まだしょうがないと思えるが、2期続けてこの成長率かつ財務悪化だと自分としては厳しいといわざるえない。
利益について、保守的な予想なのか?値引き販売することを考慮し、粗利益率の低下した数字なのか?
自分には判断できません。どちらにしろ月次で契約戸数をみても、予測不可能ですね。

フージャース月次コメント

フージャースの月次について、販売状況に関するコメントをまとめてみました。

フージャースの月次の販売状況に関するコメント;()内2007年3月期の単月契約戸数
■8月(67)
今月の販売状況につきましては、社内設定の目標数値を上回る結果となり、計画通りの進捗状況であります
■9月(111)
今月の販売状況につきましては、単月で158 戸の契約となり、目標数値を上回る結果となりました。平成19 年3 月期の引渡予定物件に対する販売進捗率は60.3%となっており、当期の利益計画に向けて順調に推移しているという認識でおります。
■10月(93)
今月の販売状況及び仕入状況につきましては、上記記載のとおり順調に推移しております。
■11月月次(92)
平成19 年3 月期の計画戸数が、前月までのご報告より60 戸減少しております。これは、分譲マンションとして計画しておりました物件を、賃貸マンション(物件名「プライムテラス柏」)に変更したことによるものです。なお、平成19 年3 月期の利益計画につきましては、変更ありません。
■12月月次(50)
株主及び投資家の皆様、昨年は当社へのご支援、誠にありがとうございました。
昨年1 年間において、当社株価は約23%の下落という結果となり、ご心配をおかけしていることと存じます。
当社としましては、事業により一層邁進するとともに、積極的なIR 活動に努め、企業価値向上を図る所存でありますので、本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
■1月月次(69)
個人投資家向け会社説明会(株式会社インベストメントブリッジ主催)を平成19 年3 月27 日に開催する予定でございます。詳細な開催要項やご参加申込は、後日、下記ホームページにてご案内申し上げる予定です。
■2月月次(59)
個人投資家向け会社説明会(インベストメントブリッジ主催)をご案内申し上げます。


11月次に「順調」のような表現がなくなっています。
12月次からは完全に今期業績に関するコメントがなくなっています。
実際12月は50戸ですから。

会社コメントを信用するということ前提で、書きます。
(来期は強気なコメントはなかなかだせないでしょうね。)

・売り渋りだったのか?単純に売れなかったのか?ですが、会社コメントからは10月までは売り渋っていたことがわかります。それ以降は、売れなかったと考えます。

・社長が約3000株売っていたことが話題になっていますが、売ったのは夏頃です。その頃フージャースの認識は「今期の利益計画に向けて順調に推移」です。高値で売抜けの意図はなかったと思います。


さて、私の売買判断は書きません。

フージャース下方修正

フージャースから下方修正が発表されています。

■平成19年3月期連結業績予想の修正
売上高 経常利益 当期純利益
前回発表予想(A)43,500 6,500 3,800
今回修正予想(B) 37,200 5,150 3,030
増減額(B-A) -6,300 -1,350 -770
増減率(%) -14.4% -20.8% -20.3%
前期実績 29,913 5,064 2,996

下方修正については月次から予想されていましたが。。。。
利益面の修正幅が計算より多く、失望です。
この利益面の修正額も株価におりこまれているのでしょうか?
修正後EPSでPER10.5位。おそらく来週は投げが相当でることを覚悟しています。

この先、長期投資する上で懸念材料を挙げておきます。

1.競合物件の増加
今回の下方修正の原因です。この先もこの問題は当然残ります。複合開発等、策を考えていますが、どこまで他物件と差別化できるかがポイントです。
2.増資懸念
今までも増資懸念があるので買い増しを躊躇っていました。今後も可能性はあると思っています。
3.信頼低下
下方修正を出したことにより、業績予想に対する信頼性は低くなりました。しかも物件を一棟賃貸にまわしておいての下方修正ですから、更にたちが悪いです。



さて、来週以降の私の売買は現在検討中です。フージャースを応援したい気持ちはあります。

フージャース 2006年

フージャースの2006年を簡単に振り返ってみます。

株価は、
大発会 195,666 前期会社実績PER=21.2
年初来高値 205,000 (1/20の週)前期会社実績PER=22.2
年初来安値 138,000 (2/24の週)前期会社実績PER=14.9
12/29 146,000今期会社予想PER=12.4

前期会社実績EPS=9,248
今期会社予想EPS=11,749

フージャースの2006年は緩やかな下落もしくはボックス圏でした。
年初来高値200,000超は今の株価から見ると、高いですね。
シーズクリエもそうなのですが、業績は好調ですがこの一年一貫してPERが低下しています。

業績は、2006年3月期が売上前年比42.2%増、経常利益77.2%増、
2007年3月期の会社予想が売上前年比45.4%増、経常利益28.4%増と
新興のマンデベよりは当然劣りますが、高い成長率となっています。
中間期に中間決算上方修正、通期予想は据え置きでした。

私の最初の買付は2/28で522,000円@1株(分割後株価17,4000円@3株)でした。短期枠でナンピン買いを数度実行し、現在の平均取得単価は153,000円@5株です。損切りはしていません。今思えばなんとか下落についていっています。

今年の事業としては、
完成済みマンションの売れ残りは、
・ウィズ稲毛がいまだ完売できず(残り2戸?)
 →業績にはほとんで影響なし
・ウィズ柏の葉は大量の完成在庫で問題と思っていましたが、
 実は中間期で23戸契約済み。今期中の完売も可能か? 
土地の仕入れ状況は、
・2008年3月期(来期)の土地仕入れは2月に早々に完了。
・2009年3月期の土地仕入れは5月以降ほとんど進捗なし。
・2010年3月期の土地仕入れは9月以降から開始。
販売状況は、
・他マンデベ同様フージャースも売り渋っていたが、現時点の販売進歩はおおむね問題なしと判断。
・来期は、まだまだこれからの印象。

今期の残念だった点or懸案点は、
・自社株買い発表して買わなかったこと(フージャースだからこそ)
・自己資本比率が低下傾向(財務は問題ないが、自己資本比率30%維持が経営目標)
・賃貸参入(キャッシュの回転率悪化)

フージャースの他社との差別化要因は、大手と競合しない駅遠バス便マンションの販売。それを可能にする土地仕入れの目利き&マーケティング力、女性の活用等です。(通常の駅近マンションも販売しています)。
ですが、私が一番の差別化要因と思っているのは、経営者(社長)です。
私の不動産・マンデベに対する業界イメージは黒い・怪しいです(笑)。
耐震偽装問題もありましたし。この業界は低PERに放置されています。
私はフージャースの株主総会にも出席し、メディア等を見ても、経営者として信頼できる人と判断しています。まあ私に人を見る目はありませんが、多くの株主が経営者を認めています。だからこそ、この業界でもフージャースに投資できています。

フージャース買い

今年のまさに最後に、フージャース買いました。
146,000*2株。短期枠ですので上がったら売ります。
短期枠でフージャースとは相性がよいので期待。



フージャース2006中間決算

フージャースから中間決算が10/31に発表されています。

決算書&他ブログを見ると、
2Q時点で計画では約600戸引渡予定で実際522戸引渡。在庫は2Qまでの引渡し予定-引渡数で約78戸の在庫。
稲毛が2残り全部柏の葉の在庫。

さて、私の計算では柏の葉はHPの販売数をみて在庫は40戸と見積もったのですが、ここが大幅に違っていますね。
今日みても32だし。販売戦略によるものと思いますが、今後もこの数字はあてにならないとすると、どれだけ在庫が減っているのかはよくわかりませんね。んー柏の葉は、心配です。

自己資本比率は、27.9%に低下。経営目標は30%ですが、
土地の仕込みがハイペースなので、3Qはさらに悪くなると思います。

個人的には、非常に残念な決算でしたが、
4Qに引渡しが集中していますので今期の業績はこれからですね。
期待しています。

フージャース中間業績上方修正2006

フージャースから中間決算の上方修正がでていました。
計算(予想)は間違っていなかったのかと思ったら、
経常利益10%上方修正って、これだけですか。。。
やっぱり予想は間違っていました。

計算結果より売上げが低いですね。。。(デュオヒルズは粗利が低い??)その分、経常利益も低くなっています。
今週末と中間決算がでたら、もう少し分析してみたいと思います。

フージャースどうなのか?

フージャースは、中間期に私の計算では
上方修正すると予想したのですが、
いまだに発表がありません。。。(汗)
本当に修正がないのでしょうか???

今気になっているのは、増資です。
さいたま岩槻 複合開発プロジェクトは、
お金結構かかると思っています。

お金もつのでしょうか?→増資かな??
仮に増資する場合、発表するタイミングは????
と妄想が膨らみ、短期枠は売却しています。

個人的には長期的な事を考えれば、増資には賛成です。
それは増資による1株の希薄化以上に、
長期ではフージャースは成長すると思っているからです。
むしろ、増資発表してくれた方が増資懸念が払拭できて買い易いです。
ただ、短期的には下がると思います。

まあ、実際の所は詳細もわかりませんので勝手な妄想です。
そもそも修正がない可能性もありますし。。。

フージャースの下げ??

フージャースがなぜか7日続落していたので、
金曜日次第では買おうかなと思っていたのですが、
金曜日に大きく上げています。
残念なのか、良かったのか複雑です。

また意味もなく下がってくるようでしたら、
買い増ししたいと思っています。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。