プロフィール

ashitagaaru

Author:ashitagaaru

30代SE。男

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ご来場数

無料ホームページ ブログ(blog)

お気に入り リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年を振り返り

今年は株デビューしました。
夏位から始めて今の方針にたどりつくまでは
パフォーマンスはよくありませんでしたが、
良書を読んだことや会社の先輩の影響も受け、
どっぷり株にはまっていきました。
11月から徐々に、増資し運用額を増やしていき、
自分でも満足の行く結果を残せていると思います。
日経平均は急激に上がっていますので、
来年はどこかで調整があるでしょうか?
自分のポートフォリオは基本的に割安銘柄ですので、
多少の影響はあるでしょうが、
大きく影響を受けることはないと思っています。
しかし、わずか数ヶ月でこれだけの利率を残せると
貯金しているのが馬鹿らしくなりますね。

例年、年明けは新興市場が上がるらしい。
来年も楽しみです。

スポンサーサイト

現在考えている運用方針

普段は仕事をしていることもあり、デイトレのような事はせず、
中長期で値上がりする可能性の高い銘柄に投資しています。
銘柄選択は大きく儲けることよりも損をしないことを優先しています。

具体的には,以下の条件を考慮しています。

・PERが20より大きい銘柄は高成長率でも基本的に投資しない
低PER銘柄に投資することで下値がある程度限定される。
またひとたび人気化すれば、大きなリターンを得られる。
・ほぼ毎年増収増益の安定成長している企業が好き。
低成長でも安定成長していればOK。なので景気循環株はNG。
四季報予想で今期と来期の利益が10%増以上がよい
・IR情報が充実している企業。特に月次情報を公開している企業はPOINTが高い。
・時価総額、市場は気にしないが、新興市場の方がいい銘柄がある
・信用取引はしない

セガミメディックス

時価総額  21,100(百万単位)
有利子負債 1,350(百万単位)
今期一株益 156.8(四季報)
配当 1.0%+優待付き (四季報)

[定量分析]
PER 16.6 [今期]
PER 11.1 [来期]
PBR 1.0
EV/EBITDA 3.58

ドラッグストアです。
有利子負債も少なく、順調に成長しています。
来期の四季報予想だと、PERが11.1です。割安です。
それで、来期の成長は可能かという点ですが、
今期は、特別損失を計上していてこの利益を確保しています。
来期は、特別損失がなくなると思いますので、
この分の利益は、上乗せされるはずです。
また、小売なので新規出店が順調にできれば、
成長できる可能性は高いです。
ここらは月次情報をチェックしながら
確認する必要がありますが、
値上がりする確立はかなり高いと思っています。

ポートフォリオ公開

ポートフォリオ公開しました。
セガミは今日、1単位買い増しました。
物凄く割安に放置されているので、
見つけた時はびっくりしました。
いくら不人気とはいえ、安すぎます。
いずれ、水準訂正されると思いますので、
今の時点で仕込みました。
会社四季報予想 
今期PER 15.3
来期PER 10.2

最近は、はっしゃんさんの影響を受けて、
小売中心に銘柄を物色しています。
銘柄は全て現物です。
信用は今後もしばらくやるつもりはありません。
現物中心に割安株を仕込んでいきます。

今日も

今日も日経平均上げました。1万6000円越えの16107円。
うーん、上昇ペースが速いですね。
わがファンドも着実に上昇しました。
いつもはあまり日経平均とは連動しませんが。
わがファンドの銘柄も公開する予定ですが、
ぼちぼちやっていきます。

スルガ

時価総額  23,835(百万単位)
有利子負債 0
今期一株益 225.7(四季報)
配当 1.5%+優待付き (四季報)

[定量分析]
PER 14.6
EV/EBITDA 6.78

四季報で見ると2003/3から毎年増収増益。
こういう安定成長している会社は好きです。
株価も2004から上昇中!ですが、まだまだ割安。
なんでこんな割安なの?ってのは、
1.投資家が知らない
2.小型株
だからだと思う。タワー投信銘柄。


[定性分析]
ここは主に100円SHOP向けに製品開発。
つまり100円SHOPが増えれば増えるほど儲かります。
特許も多数所得しており、
他企業による参入もある程度免疫力があります。
最近円安だったので、ここやばいかなーと思っていたのですが、
四季報にちゃんと書いてありました。
発注毎に値決めしていて、為替リスク回避。
素晴らしい。

ちなみに俺はここを11月中旬に買い付けHOLD中です。


小型株

統一された基準があるわけではなさそうだが、
時価総額が3000億円以下の銘柄。
発行済み株式数で判断する場合もあるようだ。

test

test

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。