プロフィール

ashitagaaru

Author:ashitagaaru

30代SE。男

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ご来場数

無料ホームページ ブログ(blog)

お気に入り リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6/23 ポートフォリオ

コード 上昇市場 銘柄 株価    損益
2593 東証1部 伊藤園 3,800 +40.74%
2797 JASDAQ セガミメディクス 2,275 -12.50%
8907 東証1部 フージャース 524,000 + 5.97%
4680 東証1部 ラウンドワン 427,000 + 0.95%
4718 JASDAQ 早稲田アカデミー 1,655 - 5.70%
2436 JASDAQ 共同PR 3,120 + 5.09%

先週も軟調な状況。
セリアを売ったので少しキャッシュあり。
ある小売の優良銘柄を買おうと思ったのですが、
もう少しの所で大幅反発してしまい、
買い指値まできませんでした。
今週はどうするか、まだ結論でず

スポンサーサイト

6/19 取引履歴

セリアを朝一の寄り付きで売り 251000 利益+8.8%
ラウンドワンを朝一の寄り付きで売り 432000円 利益+2.1%

セリアは5月月次が良くなかったし、
四季報に既存店は前年度並みと記載されていたため撤退。
ただし、PERとしては現在かなり割安。

ラウンドワンは長期枠はそのままHOLD。
もともと平均取得単価を下げる目的で
短期売買用に購入した1株を、
平均取得単価より株価がプラスになったため、
目的達成で即売り。


6/16 ポートフォリオ

コード 上昇市場 銘柄 株価    損益
2593 東証1部 伊藤園 3,800 +40.74%
2782 JASDAQ セリア 254,000 + 6.72%
2797 JASDAQ セガミメディクス 2,305 -11.35%
8907 東証1部 フージャース 538,000 + 8.80%
4680 東証1部 ラウンドワン 432,000 + 2.13%
4718 JASDAQ 早稲田アカデミー 1,721 - 1.94%
2436 JASDAQ 共同PR 3,030 + 2.05%
合計 + 7.24%

共同PR 第1四半期決算

2006/5/15に発表されている
共同PRの第1四半期決算を振り返っておきます。

()内前年同期比
売上高 営業利益 経常利益 純利益
1,055(+7.1%) 156(+23.3%) 156(+59.8%) 90(+87.0%)

そして中間期の会社の業績予想ですが
売上高 営業利益 経常利益 純利益
2,050(+7.1%) -(-) 174(+77.5%) 89(+242%)

さて第一四半期の中間期に対する進歩率ですが、
計算するまでもなく、経常利益以下は上方修正でしょう。

共同PR

共同PRは広報の会社です。
共同PRの広報活動とは、簡単にいうと、
情報(会社や商品)を発表&告知する時に、
会社の意図する内容がマスコミに伝わり、
マスコミによい内容の放送や記事にしてもらえるように支援します。
具体的には
情報番組で会社や商品などをよく取り上げてもらうような活動、
企業の不祥事等や新製品発表の記者会見でのマスコミ対応等
があります。

広報は現在、日本ではあまりなじみがありませんが、
アメリカと単純比較した場合、
日本の広報市場はあと2倍伸びる可能性があります。
現在はブランド戦略がより重要視されていますから、
今後も市場は大きくなっていくと予想します。
漁夫の利型の企業です。

また共同PRは、広報会社の大手3社の一つらしいです。
クライアントはライバル会社と同じ広報会社は使わないはずですから、
それぞれの広報会社で住み分けができると思います。
またマスコミへの対応がメインとなりますから、
マスコミへの人脈・関係が非常に重要になりますので、
参入障壁もあると考えています。

6/15 早稲田アカデミー買い

早稲田アカデミーを買い増しました。

1705円 100株

買いタイミング的には良かったと思います。
さて来週はあと少し売買をする予定です。

今週(6/12~)売買履歴

今週は動いています。さすがにそろそろ底でしょう。


6/12 セリア 1株  売リ 259,000 +8.8%
6/13 共同PR 100株 買い 2,969 立会外分売
6/14 ラウンドワン 1株 買い 395,000

セリアは5月月次が良くなかったので、しょうがなく売り。残り1株。
共同PRはもともと興味があった銘柄で立会外分売があったので購入。他個人投資家ブログで取り上げられ、勇気づけられる(詳しい分析は後日)。
ラウンドワンは、十分下げたので、ナンピン買い。



伊藤園 証券会社投資判断引き上げ

さて、伊藤園はもうほうっておいていますが、
ニュース投稿を連続でやったので続きで。。。

伊藤園の株価について、
・モルガン・スタンレー証券
・三菱UFJ証券
が目標株価を上げています

証券会社の目標株価は全く意味ないので割愛

セガミ ドイツ証券 投資判断BUY

セガミメディクスをドイツ証券が買い煽り発表しました。
おおむね以下の内容。

ドイツ証券は投資判断を新規に「Buy」、
目標株価を3800円とした。
株価はすべての指標面において、非常に割安。
また、ドラッグストア業界再編の可能性を指摘、
同社はその中心を担う可能性がある。


今日はこれのお陰で、市場が大幅下落の中、
セガミは上げました。
ほんと全ての面でひじょーに割安だと思います

早稲田アカ 証券売り煽り

コスモ証券が早稲田アカデミーの投資判断を引き下げています。

市場がこんな下落している時に
さらに下落するような事を
発表するなんてふざけています(怒)
まったく腹が立つ。

「ただ、格下げは株価上昇が理由で、同社のビジネスモデルや中長期的な成長性への高評価は不変」
ともコメントしています。

まあ発表があった6/7はほとんど下げませんでしたが。



早稲田アカデミー決算

さて、記録用に5/15に発表されている
早稲田アカデミーの決算について
まとめておきます。

2006/3月期連結 百万単位 ()内前期増減比
売上 営業利益 経常利益 当期利益 1株益
12,167(18.1%) 1,020(107.5%) 1,028(88.5%) 527(69.9%) 68.71

また前期は、減損損失(特別損失)を124百万計上しています。
今年度は子会社を解散するので、
個別決算になります。

2007/3月期個別予想 百万単位 ()内前期比
売上 営業利益 経常利益 当期利益 1株益
14,398(18.3%) -(-%) 1443(40.4%) 827(56.9%) 107.86

この成長率楽しみです。

あとは、IRが全然なっていないのと、
MMをなんとかしてもらわないと
個人は買いにくいですね。

ラウンドワン短期

ラウンドワンですが、
何度か短期用で買おうと思ったのですが、
値動きが激しすぎて、
また買いタイミングが掴めなくて
実行できていません。
ただ、先週末で直近の底値は410,000位にあると思うので
そこら辺で、ナンピンしたいとは思っています。
一日であれだけ値が動くと、
板が見れないとつらいですね。
まあ、板が見れるとビビッてかえって駄目なような気もします。

もうひとつのポイントとして、
今週は、5月の月次情報の発表があるので
それを見てからで遅くないと思いました。
ラウンドワンの今期業績ですが、私は
保守的と見ています。
それを占う意味でも注目です。
既存店の売上げが100%を超えて欲しいです。
ただ、前年より休日が一日少ないので、
それを考慮しなければいけません。

2006/6/3 PF

コード 上昇市場 銘柄 株価    損益
2593 東証1部 伊藤園 3,750 +38.89%
2782 JASDAQ セリア 270,000 +13.45%
2797 JASDAQ セガミメディクス 2,370 - 8.85%
8907 東証1部 フージャース 552,000 +11.63%
4680 東証1部 ラウンドワン 462,000 + 2.44%
4718 JASDAQ 早稲田アカデミー 1,680 - 6.93%
合計 +10.67%


5月月次報告

5月の運用成績は
前月比は-3.5%、TOPIX:-8.0%
年初来は-2.5%、TOPIX:-4.2%

相場自体が低迷していますが、
年初来の成績もマイナス転換しました。
スルガを決算発表後、すぐに売ったのと、
フージャースの短期投機のお陰で
このレベルで収まったと考えています。

5月はラウンドワンと早稲田アカデミーと
買ったのでこれから楽しみです。

早稲田アカデミー買い

5/29 早稲田アカデミーを新規買いしました。
1805円です。
5月の新興市場暴落の中、全然下げていなかったので、
買いましたが、買った後下げています(泣)。

今期会社予想EPSは、107.86なので、
株価1805円でPERは16.7です。
今期の経常利益増加率は、44.3%ですから、
PEGは、0.38です。

早稲田アカデミーは、
難関中・高の合格実績に特色のある学習塾です。
早稲田アカデミーは
2006年の4月16日号の読売ウィークリーにおいて
首都圏高校進学塾「合格力ランク」総スコアで
3年連続第1位に選ばれています。

現在少子化になっていますが、
早慶付属等の難関中・高を目指す生徒は、
減ることはないと思います。
なんだかんだいっても学歴社会です。

塾に通う理由は、言うまでもなく、
成績UP→よい学校へ入学となります。
よって、合格者が増えると、生徒数(売上)が増えます。
合格者が増え、生徒数が増えると、
全体のパイは増える訳ですから、また合格者増となります。
合格者増なら、また生徒数が増えます。
このような、よい循環に加えて、
新規開校により生徒数が増えます。

早稲田アカデミーは難関校への高い合格実績があり、
このよい循環にのっています。
この合格実績こそが、他社への
参入障壁となっています。
そして早稲田という会社名も
高いブランド名と考えます。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。