プロフィール

ashitagaaru

Author:ashitagaaru

30代SE。男

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ご来場数

無料ホームページ ブログ(blog)

お気に入り リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EMシステムズ 株価急落

EMシステムズの株価が急落しています。

2/15の3Q決算発表日の終値3,840
2/22 の終値2,665(2/15から約-30%)
2/23 の終値2,845(2/15から約-26%)

まず、始まりは上方修正期待もあった3Q決算。
これが蓋を開けてみると、計画より若干の未達とコメントがあり、
通期業績未達懸念となった。
実際、売上が会社予想を上振れしないと利益面は苦しいと思っています。
2つ目は、東証1部指定変え期待。
UBS証券は最も可能性の高い銘柄としてEMシステムズを挙げていました。結果は2/20に発表されませんでした。

現状の株価は、PER20位まで落ちてきました。
下方修正したわけでもないのにものすごい下落です。企業価値はそれほど変わらないのに酷いですね。需給関係も一気に悪化しました。

本社ビルの本格的な収益貢献は2009年3月期からで、2009年3月期は不動産だけで大幅な増収増益となりそうです。テナントの誘致は好調のようです。
自分は更に急落するなら買いますが、直近は様子見します。
自分のEMシステムズの評価は変わっていません。

スポンサーサイト

東京一番フーズ分析

東京一番フーズを購入しましたので分析を少々。
まず、2/9に発表されている東京一番フーズの1Q決算。

07年9月1Q 07年9月期予想 06年9月期実績
売上高 1,453 4,214(+34.1%) 3,143
営業利益 425
経常利益 455 456(+40.3%) 325
当期利益 258 270(+76.4%) 153

残念ながら12月IPO銘柄の為、去年の1Q決算がありません。。。
中間の会社予想が、
売上高 2,996
経常利益 775
当期利益 460
なので中間に対する進捗率は、
売上高 48.5%
経常利益 58.7%
当期利益 56.1%
となります。
去年の1Q決算がないので、よく分からない部分もあるのですが、進歩率としては悪くないと思います。特に利益面は決算書のコメントから深読みするといいと思います。
また河豚屋の場合、季節により売上げの偏りがあるので注意が必要です。特に中間以降の決算は赤字です(ここを改善できるとすごい事になるのですが。。。)。また今年は暖冬である点も考慮する必要があります。

店舗数は、現在34店舗。2006年8月及び9月に14店舗出店していますので
前期比より店舗数は35%増となります。
乱暴に計算すれば店舗数増加分売上げは増えるので、今期予想売上を達成します(もちろんこんな単純ではないのですが)。
ちなみに今期後半に16店舗の出店を予定しているとのことなので、再来期の店舗数は更に32%増となります。

他社の参入障壁としては、河豚の調理師免許があります。
これがあるので、他の居酒屋チェーン店は、河豚料理を提供できなくなっています。ふぐ調理師免許は、各都道府県で異なっており、東京都の場合、必ず2年以上はかかります。東京一番フーズも独自のカリキュラムにより最短2年間でふぐ調理師免許を取得できる育成プログラムを開発しています。

類似企業としては、最近多角化しているようですが関門海があります。

関門海との比較や成長率から考えるとPER18の水準は割安と思います。

東京一番フーズ購入

2/21に東京一番フーズを1株購入しました。
12月にマザーズに上場した企業で、フグ屋です。
私にとっては初のマザーズ銘柄です。
リスクがあるのは承知の上で、
買値284000円で、購入時、PER17.8です。

前号の四季報には載っていませんでしたので、
来月発売の四季報が初登場となります。つまり四季報銘柄です。

詳細な評価は、後日アップします。

サッポロホールディングス TOB

スティール・パートナーズがサッポロホールディングス <2501> に対しTOB(株式公開買い付け)を提案しています。

この余波は伊藤園にもきているのか、株価が上がっています。
伊藤園は実質無借金で財務優良ですから、買収防衛等で思惑が浮上しているのでしょうか。酒類は伊藤園は手がけていませんし。

と思って、
サッポロホールディングス軽く見てみたら、
ROE3.3%
ROA0.6%
株主持分比率19.3%(借金大)

対する伊藤園は、
ROE15.1%
ROA9.6%
株主持分比率58.2%(実質無借金)

伊藤園は、工場を持たないという決定的な違いはあるものの、サッポロの数字を見るとひいてしまいます。

比較対象がよくなかったかもしれないので、アサヒビールは、
ROE8.8%
ROA3.3%
株主持分比率36.5%

さすがにサッポロよりいいですね。

今回の件、伊藤園が総合飲料メーカーとして将来酒類の販売を考えているのであれば、提携等のチャンスではありますが。
さて、経営陣はどう考えていますかね?

しかし、サッポロは225銘柄ですか。伊藤園も期待ですね。


大黒天物産2007年1月月次

大黒天物産の1月月次が2/10に出ています(ちょっと遅いですが)。

単月
既存店 95.5%
全店  128.7%

累計
既存店 94.6%
全店  128.7%

予想通りよくありませんね。
今月も既存店の客数はほとんど変わりませんが、客単価が下がっています。

2月も同じ傾向でしょう。


早稲アカ平成19年中学入試合格実績

早稲田アカデミーから平成19年中学入試の合格実績のIRが発表されています。

IR資料内容抜粋:
「関東地方の中学入試において最難関とされる男女御三家中学・早慶附属中学の合格者数は、前年比25名増加と順調に推移いたしました」

男女御三家中学は目標の230名には届かなかったものの、
今年も難関中の合格実績を順調に伸ばしたとのことですので、良かったです。

HPには高校の入試速報もでていますね。
こちらも昨年同時期比大幅増です。

EMシステムズ売り

EMシステムズを2/16寄り付きで売りました。
売り3390円 利益100,650(税引き後) 利益+42%

下方修正ありませんでしたが、株価は一気にストップ安。。。

さて、問題の3Q決算ですが、
2007年3Q決算 ()内は前年比
2007年3Q 2006年3Q 2007年3月予想 2006年3月実績
売上高 (百万円) 8,362 6,803 11,631 9,573
(+22.9%)
営業利益 (百万円) 1,201 890
(+34.9%)
経常利益 (百万円) 1,211 888 2,019 1,280
(+36.3%)
当期利益 (百万円) 667 468 1,102 745
(+42.3%)
EPS 84.34 67.89 139.37 102.43

中間で上方修正していますが、
これで通期の利益達成は大丈夫なのか???

さらに読んでいくと、
「当四半期の業績は見通しより若干の未達ではありましたが、第4四半期に急増する自社リプレース案件を安定的成果に結び付けるための新施策を実行するため、平成18年11月16日に公表しました業績予想に変更はありません。」

若干の未達ということで、PERもそれなりに上昇しましたので、売却を決めました。
ストップ安でPER24.3(会社予想EPS)です。

短期的には、20日に東証一部上場発表も期待されていますが、どうなりますかね。
私の中長期の評価は変わらないので、安くなればまた買いたいと思います。




早稲田アカデミー関連会社新規上場

早稲田アカデミーの関連会社である秀文社がヘラクレスに上場するとの発表がありました。
早稲田アカデミーは保有株式の一部、10,000株を売り出します。
現時点では売出価格が未定の為、業績に与える影響は不明で売出価格決定次第、再度早稲田アカデミーの業績発表するとのことです。

10,000株がどれ位の価値があるのか調べていないのでわからないが、これで特別利益による再上方修正の可能性がでてきました。
東証2部にも上場したことですし、配当でいくらか還元してくれたらうれしいですね。

しかし、早稲アカ絶好調だな。

ラウンドワンの今後再分析

さて、3Qで下方修正を発表したラウンドワンですが、もう少し分析を。

・2、3月の月次予想
修正した2月、3月の既存店売上げ計画は、-2.4%と-1.9%。
1月は休日1日減で-2.1%。
2月、3月は休日1日増なんで、控えめな数字にしたような気がしています。まあ再度の下方修正は、是が非でもさけたいでしょう。

・今期会社予想
下方したとはいえ、前期比売上31%増、経常利益23%増。
経常利益率25%は相変わらず化け物。

・ 来期の会社目標
2008年3月期の会社目標は今期予想比で、売上27%増、経常利益27%増。 これの前提となる既存店売上げは前年比-4.3%。アミューズメントは来期も軟調でしょうが、直近の月次から考えて、既存店売上は達成できそうなだと思います。少し下方したとしても、この成長率でPERは約18倍(今期予想EPSに対して)。

・来期の新規出店
とりあえずはアバウトな面もあるが19店舗出揃った。出店時期は前後するであろうが、新規出店数のリスクはラウンドワンに限った事ではない。郊外立地規正法に対応した小規模店舗も出店する計画。

・最後にこれが一番重要、
今、自分がノンホルだったらラウンドワンを買いたいか?
答えはYES!!!

今軟調なのはアミューズメントですが、これが今後どこまで落ちるかは正直予測できません。ですが、ラウンドワンは現実的(or控えめ)な数字をだしてきたと判断します(私も懲りずに強気)。
まあ、ラウンドワンに関しては、ウェイトも大きくえらい含み損ですが、上記検討内容から今後もしばらくお付き合いしていこうと思います。直近は株価下がるでしょうね。

シーズクリエイト優待変更

シーズクリエイトから売上げの上方修正と優待制度の変更発表がありました。
通期の売上げ10%増の上方修正です。利益は確定次第改めて報告とのことなので、おそらく今後上方修正されるでしょう。
1月末時点で今期物件に対する進歩率が94%ですから好調ですね。

が、保有目的の一つである優待が変更されてしまいました(がーん)。
1株しかないので、
ギフトリストから3000円分相当の商品→500円のクオカード
となりました。
業績は好調で上方修正の可能性も高いので、とりあえずはHOLDします。。。この会社は、LOHAS主義とかPR力が結構優れていると思います。

ラウンドワン 2007年3月期3Q決算

ラウンドワンから2007年3月期3Qの決算が発表されています。

カッコ内は前年比、単位百万円。
07年3月3Q 06年3月3Q 07年3月期予想 06年3月期実績
売上高 46,319 34,847 66,000 50,282
(+32.9%)(+40.8%)
営業利益 9,901 8,209
(+20.6%)
経常利益 10,823 8,649 16,500 13,418
(+25.1%)(+23.0%)
当期利益 6,484 5,054 9,750 11,967
(+77.6%)(-18.5%)

また、通期予想が下方修正されています。
売上 67,200→66,000(-1.8%)
経常利益 18,300→16,500(-9.8%)
純利益 10,810→9,750(-9.8%)

修正後EPSが15,453なので、現在の株価282,000だと
PERは18.2です。

2008年3月期の会社目標は今期予想比で
売上27%増、経常利益27%増です。
2009年3月期の会社目標は前期比(2008年3月期目標比)で
売上26.2%増、経常利益28.6%増です。

個人的には下方修正の幅が予想より大きいです。
そこら辺の理由はIR資料に書かれています。
ラウンドワンの経費はほとんど固定費ですから売上げ減がもろに
利益に響いてきます。

今回もっとも重要視していたのは、来期の出店計画です。
ずっと更新されていませんでしたが、
一気に19店舗ほぼ決まってようです(3月の店舗は九州エリア等となっておりアバウトですが)。
出店計画が更新されなければ、全株投げようかと思っていました。
まあ、来期以降にずれる店舗が今期同様いくつかあると思いますが、
とりあえず、一安心です。

また、修正した2月、3月の既存店売上げ計画ですが、-2.4%と-1.9%としています。1月は休日1日減で-2.1%でした。2月、3月は休日1日増ですが、控えめな数字にしたのでしょうか?

来期の会社目標は27%増、下方修正したとして約20%。
今のPERは約18ですから自分としては十分に投資できる成長率です。

問題は、ラウンドワンの今後の成長をどう判断するかですね。

早稲田アカデミー中学入試結果速報

早稲田アカデミーの中学入試結果速報(2/5 20:00UP)が更新されています。

難関中合格者数昨年同時期比大幅アップ!!
早実中 全国NO.1!

との見出しがでています。

今年も去年より更に好調のスタートのようで、素晴らしいです。
また受験者の皆様合格おめでとうございます。


早稲田アカデミー 2007年3月期3Q

早稲田アカデミーから2007年3月期3Qの決算が発表されています。

カッコ内は前年比、単位百万円。
07年3月3Q 06年3月3Q 07年3月期予想 06年3月期実績
売上高 10,528 8,847 14,456 12,167
(+19.0%)(+18.8%)
営業利益 1,453 949
(+53.1%)
経常利益 1,447 935 1,690 1,028
(+54.8%)(+64.4%)
当期利益 833 469 967 499
(+77.6%)(+93.8%)

3Q期間のみの経常利益率が、18.2%となりました。前年比からは+2.0%です。
私の予想より経常利益の改善率が低いですね。通期業績予想に対する経常利益の進歩率はいいですが、去年は4Q期間ではほとんど利益をだしていません。
まあ実際の所、中間でわざわざ経常利益を上方修正するくらいですから、会社は今期業績に自信があるはずなので問題ないと思います。
自己資本比率も上昇していますので、よい成長軌道にのっていると思います。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。