プロフィール

ashitagaaru

Author:ashitagaaru

30代SE。男

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ご来場数

無料ホームページ ブログ(blog)

お気に入り リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早稲アカ 個人投資家説明会&中期計画

早稲田アカデミーのIRページから
個人投資家向けの説明会の動画が見れます。
2つありますが、内容はほとんど同じのようです。

業績について、まとめておきます。

■実績
年 2003/3 2004/3 2005/3 2006/3 2007/3(予)
売上高 7,603 8,896 10,297 12,165 14,456
経常利益 463 422 480 1,000 1,690
経常利益率 6.1% 4.8% 4.7% 8.2% 11.7%

■中期計画(2006/11作成)
年 2007/3 2008/3 2009/3
売上高 14,456 16,913 19,794
経常利益 1,690 2,100 2,600
経常利益率 11.7% 12.4% 13.1%
当期純利益 967 1,181 1,413
期末校舎数 106 115 125
塾生数 23,967 27,918 32,828

中期計画では売上げと共に引き続き経常利益率の増加も計画しています。売上げ&経常利益の増加要因として新規開校は当然ですが、それにプラスして以下の項目があると理解しました。

・2007/3は1クラス当たりの人数を少し上げている。大手に比べれば、まだ1クラス当たりの人数は少ないのでもう少し上げることができる
・小学部の比重が年々増えている。時間分散で教室の稼働率が向上
・志望校別クラスを編成
・学校への出張授業。現状多くの依頼はあるが人材が足りていない
・学校の教師の教育。塾の講師育成プログラムをいかせる
・現在校舎数の少ない高校部(大学受験)に高い成長余地がある。中学部での塾生を高校部に取り込める可能性が高い。
・引き続き難関校への圧倒的な合格実績により差別化


◆今後の成長が楽しみです
スポンサーサイト

フージャース月次コメント

フージャースの月次について、販売状況に関するコメントをまとめてみました。

フージャースの月次の販売状況に関するコメント;()内2007年3月期の単月契約戸数
■8月(67)
今月の販売状況につきましては、社内設定の目標数値を上回る結果となり、計画通りの進捗状況であります
■9月(111)
今月の販売状況につきましては、単月で158 戸の契約となり、目標数値を上回る結果となりました。平成19 年3 月期の引渡予定物件に対する販売進捗率は60.3%となっており、当期の利益計画に向けて順調に推移しているという認識でおります。
■10月(93)
今月の販売状況及び仕入状況につきましては、上記記載のとおり順調に推移しております。
■11月月次(92)
平成19 年3 月期の計画戸数が、前月までのご報告より60 戸減少しております。これは、分譲マンションとして計画しておりました物件を、賃貸マンション(物件名「プライムテラス柏」)に変更したことによるものです。なお、平成19 年3 月期の利益計画につきましては、変更ありません。
■12月月次(50)
株主及び投資家の皆様、昨年は当社へのご支援、誠にありがとうございました。
昨年1 年間において、当社株価は約23%の下落という結果となり、ご心配をおかけしていることと存じます。
当社としましては、事業により一層邁進するとともに、積極的なIR 活動に努め、企業価値向上を図る所存でありますので、本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
■1月月次(69)
個人投資家向け会社説明会(株式会社インベストメントブリッジ主催)を平成19 年3 月27 日に開催する予定でございます。詳細な開催要項やご参加申込は、後日、下記ホームページにてご案内申し上げる予定です。
■2月月次(59)
個人投資家向け会社説明会(インベストメントブリッジ主催)をご案内申し上げます。


11月次に「順調」のような表現がなくなっています。
12月次からは完全に今期業績に関するコメントがなくなっています。
実際12月は50戸ですから。

会社コメントを信用するということ前提で、書きます。
(来期は強気なコメントはなかなかだせないでしょうね。)

・売り渋りだったのか?単純に売れなかったのか?ですが、会社コメントからは10月までは売り渋っていたことがわかります。それ以降は、売れなかったと考えます。

・社長が約3000株売っていたことが話題になっていますが、売ったのは夏頃です。その頃フージャースの認識は「今期の利益計画に向けて順調に推移」です。高値で売抜けの意図はなかったと思います。


さて、私の売買判断は書きません。

フージャース下方修正

フージャースから下方修正が発表されています。

■平成19年3月期連結業績予想の修正
売上高 経常利益 当期純利益
前回発表予想(A)43,500 6,500 3,800
今回修正予想(B) 37,200 5,150 3,030
増減額(B-A) -6,300 -1,350 -770
増減率(%) -14.4% -20.8% -20.3%
前期実績 29,913 5,064 2,996

下方修正については月次から予想されていましたが。。。。
利益面の修正幅が計算より多く、失望です。
この利益面の修正額も株価におりこまれているのでしょうか?
修正後EPSでPER10.5位。おそらく来週は投げが相当でることを覚悟しています。

この先、長期投資する上で懸念材料を挙げておきます。

1.競合物件の増加
今回の下方修正の原因です。この先もこの問題は当然残ります。複合開発等、策を考えていますが、どこまで他物件と差別化できるかがポイントです。
2.増資懸念
今までも増資懸念があるので買い増しを躊躇っていました。今後も可能性はあると思っています。
3.信頼低下
下方修正を出したことにより、業績予想に対する信頼性は低くなりました。しかも物件を一棟賃貸にまわしておいての下方修正ですから、更にたちが悪いです。



さて、来週以降の私の売買は現在検討中です。フージャースを応援したい気持ちはあります。

早稲田アカ 増配

3/20に早稲田アカデミーから増配が発表されています。

普通配当 10円→12円
記念配当 1円
計13円です。

四季報予想が10~12円なので1円多いです。
まあ私にとっては、たいしたことはない増配額ですけど。
安定的に増配して欲しいですね。

これでガイアの夜明け放送と増配発表で明日はどうなるでしょうか?
ぶっ飛ぶようなら一単元売りたいと思いますが、無理でしょうね。

早稲アカ ガイアの夜明け

TV東京の「ガイアの夜明け」で早稲田アカデミーが紹介されていました。

生徒を獲得する為の公立校のサバイバルが今回の番組テーマでした。
今は少子化や学校選択制により公立といえども私立との生徒獲得競争です。

早稲田アカデミーは普通の学力の生徒を教えて、難関校への合格実績を伸びしてきた塾として最初に紹介されました。まず塾での授業風景が紹介されました。初めて動画で見ましたが塾では生徒に鉢巻姿で授業を受けさせ、試験前と思われるが生徒に自信と気合を入れていました。実際に鉢巻姿見ましたが、違和感はありませんでした。

その後、公立の九段中が紹介されました。九段中では私立に対抗した学力向上策として土曜の補修を早稲田アカデミーに依頼。早稲田アカデミーは九段中用の問題を作成し、授業では話術と身振りで生徒をピシッと集中させていました。

前に発売された週刊ダイアモンドの記事とほぼ同じ内容ですかね。

あと、和民の社長は学校の理事もしており、その学校と和民の社長も紹介されていました。和民の社長の考えは学校はサービス業で生徒はお客様との事でしたが、自分にはものすごく違和感がありました。僕は、先生がもっと尊敬される地位&立場となるように社会や親がしなければいけないと思っています。生徒が先生を評価するのはどうなんでしょうか?ってここは株ブログなので教育論を書くのは辞めときます。。。

株主として、早稲アカが「ガイアの夜明け」で紹介されたのは嬉しかったです。また、よい広報&広告になったのではと思います。

四季報2007年春号 前号比較

持ち株について四季報の業績予想を冬(前号)と春号で比較しました。

■早稲田アカデミー(4718)
・今期業績予想(07年3月)
前号から秀文社IPOの株式売り出し分と思われる利益を上乗せ。会社予想より少しだけ経常利益、純利益は四季報の方が多い。
・来期業績予想
若干上方修正。

■ラウンドワン(4680)
・今期業績予想(07年3月)
3Qでラウンドワンが下方修正したので、四季報も同じく下方修正。会社予想とほぼ同じ。
・来期業績予想
来期業績予想も3Qでラウンドワンが会社目標を下方修正したので、四季報も下方修正。会社目標と同じ。

■フージャースコーポレーション(8907)
・今期業績予想(07年3月)
変更なし。会社予想と全く同じ。
・来期業績予想
若干の上方修正。

■伊藤園(2593)
・今期業績予想(07年4月)
変更なし。会社予想と全く同じ。
・来期業績予想
若干の上方修正。

■大黒天物産(2791)
・今期業績予想(07年5月)
変更なし。会社予想とほぼ同じ。
・来期業績予想
変更なし。

■トップカルチャー(7640)
・今期業績予想(07年10月)
売上げは若干上方修正、経常利益で約1割弱上方修正。会社予想とほぼ同じ。
・来期業績予想
前号予想なし。

■シーズクリエイト(8921)
・今期業績予想(07年3月)
売上げは上方修正、利益面は変更なし。会社予想より四季報予想の方が少し多い。
・来期業績予想
売上げ、純利益少しだけ上方修正。


フージャースと大黒天物産、今期業績は会社予想と同じ。ちゃんと調べてますか???


早稲アカ平成19年合格実績

平成19年の早稲田アカデミーの合格実績ですが、
高校受験に関しては、
早慶附属高校の合格実績は7年連続全国No.1と公約達成。
開成高校については前期比+1人でした。

大学受験の合格者も東大プロジェクト(なにそれ??)
で昨年1人→今年10人と初年度目標達成しているようです。

まだ全ての結果が出ていませんが、
今年も中学・高校・大学受験それぞれにおいて難関校の合格実績を伸ばしました。今年も合格者数の右肩上がりのグラフができましたね。
難関校の合格実績が来期の生徒数増にも結びつくものと期待しています。

それと、
3/20 22:00~23:00テレビ東京の「ガイアの夜明け」に早稲田アカデミーが出るようです。こちらも楽しみです。

大黒天物産2007年2月月次

大黒天物産の2月月次が3/12に出ています。

単月
既存店 95.4%
全店  121.3%

累計
既存店 94.0%
全店  127.8%

予想通りよくありませんね。
今月も既存店の客数はほとんど変わりませんが、客単価が下がっています。 3月も同じ傾向でしょう。

株価はさわかみファンドが買いましてるのかわかりませんが、世界同時株安でもあまり下げていません。

まあ、まったりいきましょう。

ラウンドワン2007年2月月次

ラウンドワンの2月月次が3/8に発表されています。

単月 計画比 98.3%
単月 全社前年比 123.8%
単月 既存店前年比 98.8%

累計 計画比 99.8%
累計 全社前年比 131.4%
累計 既存店前年比 102.4%

計画比に対する結果がポイントだと思っていましたが、
計画比マイナスということで、よくない月次ですね。
3Qの下方修正で2月以降の計画は控えめにしたと思っていたのですが、そうではなかったようです。結局自分が一番強気だったようですね(苦笑)。
アミューズメントは計画をも下回り、相変わらず駄目ですね。

累計計画比だと99.8%です。3月月次が悪くて多少下振れしようとも今期決算はほぼ決まっているような状態ですね。

問題は来期です。

トップカルチャー購入

今期業績が好調なトップカルチャーの立会外分売が今日ありましたので、購入しました。
分売価格は643円で500株申し込んで買えたのが200株でした。
申し込み数が多かったのかな?残念です。結果的に打診買いってやつになりました。
今回の暴落相場をもう少しみてから、買い増すか決めたいと思います。安くなれば買いですが。
まあ、優待あるので最悪この株数でもいいという気持ちもあります。

しかし、世界同時株安だったので分売中止も有り得ると思っていたのですが、安く分売してくれました。今期会社予想PERで11.9位です。
購入意図としては、今期業績に期待した投資です。
昨日発表の2月月次も好調を維持しています。

伊藤園2007年4月期3Q

伊藤園が3月2日に2007年4月期の3Q決算を発表しています。

07年3Q 06年3Q 07年4月期予想 06年4月期実績
売上高 234,189 219,891 315,800 288,077
 3Q前年比+6.5%:通期予想前年比+9.6%:通期予想進捗率74.2%
営業利益 17,506 16,411 21,066
 3Q前年比+6.7%:
経常利益 17,373 16,136 22,300 20,527
 3Q前年比+7.7%:通期予想前年比+8.6%:通期予想進捗率77.9%
当期利益 9,725 9,087 12,700 11,685
 3Q前年比+7.0%:通期予想前年比+8.7%:通期予想進捗率76.6%

売上と利益共に前年比から考えると通期計画比より若干のマイナス。昨年の夏が前年より暑くなかったことを考えると、この程度ならいい結果と思います。逆に、暖冬の影響を受けてか1月と2月の販売数量は増えてますので、これからの巻き返しに期待です。まあ、現状のペースでも若干の未達程度だと思いますので問題なしです。
また、緑茶市場全体では前年比マイナスですが、伊藤園は販売数量を増やし、緑茶の販売シェアは前年比より上昇し37%ですから強いです。順調に安定成長しているという印象です。
今年の夏は猛暑との予想もありますが、どうなりますかね?

2月月次

さて、2月の運用成績は
前月比で-6.4%。TOPIXは+1.8%。
年初来成績は-7.0%。TOPIX:+4.3%。

今月は予想通りの厳しい結果でした。
下方修正懸念銘柄が株価低迷から脱っしていません。
とはいっても、もう十分下げたので2月はそれほど下げていない印象。
今月は今までの上昇から早稲アカが一服して下落したのと、EMが大幅下落して売ったので、その影響が大きかったようです。

3月も世界同時株安の影響でどうなるかわかりませんが、厳しい展開が予想されます。5月は例年通りの会社の保守的な予想により下落を予想していましたが、予想より早く下落してしまいました。ただしここから更に下落していく局面では買いです。

あれ?

市場の先行きがあやしくなってきたので、
東京1番フーズ売り注文だしておいたら、売れてました。
3/2 288,000円 利益ちょっとだけ。

本当は四季報発売までは持つつもりでしたが。。。
また下がったら買おうかな~。

さわかみファンドか?

大黒天物産の買い板に異様に大きい注文が。
1830円に15,600株です。
今日の出来高は2,000株なので、異常に厚いですね。
見せ板ではなく、昨日の暴落時も買い支えていたようで、
大黒天物産はほとんど下がりませんでした。

この板があると安心できます。消えないでね(笑)。



| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。