プロフィール

ashitagaaru

Author:ashitagaaru

30代SE。男

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ご来場数

無料ホームページ ブログ(blog)

お気に入り リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お~いお茶 新茶

「お~いお茶 新茶」と「お~いお茶 濃い新茶」がコンビニ限定で発売されています。コンビニに行くと一番売れる棚全てに並んでいました。
株主としては爽快ですね。GWも天気が良さそうですし、期待です。

最近はコンビニでPBの安い緑茶が売られていますが、伊藤園の売上げ的には今の所特に影響がないようです。3月月次でもお~いお茶ブランドで前年比5.2%増。4月、5月は新茶効果がどれ位でるか楽しみです。

緑茶飲料は他社からもいろいろでていますが、おーいお茶は今回の新茶等の限定商品、味(おいしさは香り)、無香料、無調味、100%国産茶葉の安心感が今も支持されているようです。

日経ビジネス?だったかで伊藤園(お~いお茶)のブランドについての記事が書かれています。
スポンサーサイト

大黒天物産 優待新設

大黒天物産から4/24に優待新設の発表がでています。

100株以上から500株未満で2000相当の産地直送果物をゲットです。
まあ優待目的ではありませんが、もらえるならうれしいですな。
これで含み益ならなにも文句なしだが、気長に待ちます。

大黒天物産いつ買い増ししようかな~。

きょくとう 2007年2月期決算

きょくとうから2007年2月期決算が発表されています。

07年2月期実績 06年2月期実績 08年2月期予想 中間期予想
売上高 (百万円) 6,720 6,303 7,120 4,050
(前期比+6.6%) (今期予想+6.0%)
営業利益 (百万円) 398 316
(前期比+26.1%)
経常利益 (百万円) 450 351 502 476
(前期比+28.2%) (今期予想+11.6%)
当期利益 (百万円) 206 189 287 274
(前期比+9.2%) (今期予想+39.3%)
1株利益 37.27 33.54 51.92
1株純資産 506.88

今日の株価465円でPER8.9 PBR0.92です。
今期決算予想は四季報及び会社のM&Aの資料より純利益で10%上振れ、その他はほぼ同じの好内容でした。

きょくとう 定性

自分が常々高いと思っている商品・サービスの一つがクリーニングです。スーツ上下で1000円位ですから高いと思います。なので安いクリーニング屋があれば繁盛するはずと思っていたのですが、そこで見つけたのがきょくとうです。きょくとうは100円クリーニングのコインズを展開しています。当然全てのサービスが100円ではありませんが、100円のインパクトはすごいです。安い!そして100円で利益がでるビジネスモデルはすごいです。これは他社に比べて圧倒的に優位性があると思います。
またオゾンクリーニングは通常のクリーニング屋ですとオプションですがきょくとうだと通常仕様のようです。ここら辺はよくわかりませんが(苦笑)

クリーニング屋はどこも零細企業です。今後団塊世代の引退によりクリーニング需要は減っていきますから、きょくとうの成長は新規出店に加えてM&Aでの成長がメインになってくると思います。キャッシュは豊富に持っていますし、実際昨期末には東京杉並の店舗を買収しています。

自分はこのような斜陽産業の中の光る企業に惹かれてしまいます。

きょくとう購入

きょくとうを購入しました。444円*500株です。
典型的な斜陽産業であるホームクリーニング屋です。
超小型株。JASDAQ銘柄。さらにMM銘柄。。。


なので当然安いわけで。。。
今日の株価で昨年度予想でPER12.67、PBR0.86。配当利回りは約2.2%+優待(クオカード)です。
実は2月が決算月なので、今週中に決算発表がある予定です。
ですが、三ヶ月前のM&A資料で今期予想は発表されています。四季報数字と同じです。そこから大きく変わらないと考え購入しています。
変更なければ今期予想PERは9.48です。
ちなみに昨年度は減損で特別損失を計上しています。

自分の選んだ成長株の銘柄が下方修正等でこけていますので、今回はバリュー&高配当株を選びました。配当がいいので暴騰しなければ、長期投資を考えています。


定性面は次回書きます。

ラウンドワン 新CMキャラ

ラウンドワンのCMが変わったようですね。僕は東京では、ほとんどラウンドワンのCMを見た事がありません。放映権が高くてやっていないのか、時間帯の問題かはわかりませんが。実家ではよくやっていましたので見た事はあります。
今回は小力からやっくん、三浦靖子、杉本彩、青田典子になりました。小力もTVであまりみなくなったので、交代でしょうか。新キャラクターも相変わらず若手芸人を使った変な人選です(笑)。ラウンドワンらしく遊び心がありますね。実際変なインパクトはありますので、CMとしてはいいのかな?

ラウンドワンから
ゴールデンウィーク期間中営業時間とボウリング投げ放題の時間帯が変更のお知らせがでています。GW期間中の平日が1時間早く開店になるようです。去年はどうだったんだろう?

新興市場が安値更新だが

ジャスダックインデックスが去年11月の安値を割り込んでいます。
来週から本格化する決算発表を前に市場は様子見でしょうか?私も売買していません。しかし、もっと下がれば別ですが、今更東証一部の大型株を買う気にはなりません。新興の銘柄を良く見ている私としてはえらく高く見えます。ここまでくれば新興の方が下値リスクは限定されていると思います。タイミングとしては早いのは承知でJASDAQの銘柄を来週買うかもしれません。

今月号のZAIの外国株特集は、もともと興味があったので勉強になりました。外国株を買うなら個別株の調査に限界がありますので、インデックスです。まあ調査できる国内株も私のPFはインデックス(TOPIX)を下回っていますが(泣)。ちょうど売買しているのが楽天証券なので、いくつかの外国株ETFが買えます。どうせ分散投資するなら国内で分散するのでなく、より分散効果の大きい外国株の方がよいと思っています。
マイナス面は米国ETFは、少額で買うとすると楽天の売買手数料が高い。あとはよくわからない為替リスクですね。
再び世界同時株安が起こって、円キャリートレードの巻き返しが起こって、円高になったら購入検討しますか。



ラウンドワン カラオケ料金値上げ

ラウンドワンが4/21からカラオケ料金の値上げを発表しています。

1時間料金:
月~木 OPEN~19:00 260円→360円
金・祝前日 OPEN~19:00 260円→360円
土 OPEN~19:00 340円→440円
日・祝 OPEN~13:00 340円→440円

昼間の料金だけ値上げで夜の料金はそのままですね。

昨年度は、ボーリングとスポッチャの値上げを実施しましたが、カラオケは据え置きでした。値上げ出来る強みはありますが、カラオケの売上げ比率は1割もないのでほとんど影響なしかな。

大黒天物産 2007年5月期3Q決算

大黒天物産から2007年5月期3Qが発表されました。

()内前期比単体との比較
売上 37,857(+28.7%)
営業利益 1,722(+8.1%)
経常利益 1,719(+8.1%)
純利益 927(+7.9%)


そして予想通り通期業績の下方修正が発表されています。
期初予想→今回予想(修正率)(修正後前期比)
53,406→52,495(-1.8%)(+28.9%)
2,804→2,359(-15.8%)(+2.0%)
1,486→1,250(-15.8%)(+2.0%)

利益面は4Qでもう少しよくなるかと思っていましたが、通期予想は月次や3Q決算をみると妥当な数字かと思います。なお月次売上は単体の数字なので連結決算では1%程売上げが増えています。
去年の4Qは利益が良かったですから前期比では見劣りしますね。
さて下方修正自体は月次から予想されており、株価も下がっていましたが、今回の修正利益がどう評価されるかですね?
既存店も回復傾向なので、3Q決算が一番悪い時だと思いますが、悪材料出尽くしとなるか?まあ下がるでしょうね。。。

さわかみファンドはどう動くか注目?(笑)

大黒天物産2007年3月月次

大黒天物産から3月の月次がでています。

単月
前年比 127.2%
既存店前年比 98.5%

累計
前年比 127.8%
既存店前年比 94.1%

依然として今期業績の進捗率はよくありませんが、
単月の既存店前年比は、今期2番目の良い数字です。

そしてついに今日。。。以前は個人投資家にも人気があった大黒天物産が、出来高0でした。


ラウンドワン 3月月次

ラウンドワンから3月月次がでています。

単月
計画比 -1.2%
前年比 26.7%
既存店前年比 -0.9%

累計
計画比 -0.3%
前年比 30.9%
既存店前年比 2.0%

結局下方修正の売上げも若干の未達。
今月もアミューズメントが計画を下回りました。
まあ、もう2007年3月期はどうでもよいです。
問題は今期。控えめな計画をたててくれ!

早稲アカ 野田学園子会社化

早稲田アカデミーから株式会社野田学園の株式取得(完全子会社化)に関するお知らせがでています。

以下、資料コピペ。

1.株式の取得の理由
株式会社野田学園は、現役高校生及び高卒生を対象とした医歯薬理工系大学受験の専門予備校として30年以上の歴史を持つ「野田クルゼ」の運営母体であります。「野田クルゼ」は、現在までに3,000名以上の医学部合格者を輩出しており、東大医学部をはじめとする一流大学出身のエキスパート講師によるきめ細かい指導と、伝統の積み重ねの結果蓄積された指導ノウハウが、生徒・保護者から大きな信頼を得ております。
当社は、大学受験部門として、現役高校生を対象とした「サクセス18」ブランドを展開しておりますが、現状は主に文系学部を志望する生徒指導を中心とした事業展開となっております。今回、株式会社野田学園を完全子会社化することにより、「野田クルゼ」ブランドの活用を通じて、大学全入時代にあっても志願者が年々増加し、根強い人気を誇る医・歯・薬学部志望の受験生をターゲットとした事業展開が迅速に可能となります。また、「野田クルゼ」と「サクセス18」が相互協力することにより、これまで以上に質の高い受験指導が可能となり、生徒・保護者に対するサービス向上と、新たな顧客開拓につながるものと期待しております。

コピペ終了。

野田学園の2005年3月期の売上げは674百万円。早稲アカの2007年3月期の売上予想は14500百万なので、来期業績にあまり大きなインパクトはないと思われる。校舎数は1?(or2)校。ただし、医歯薬系の大学受験専門校で伝統のある学校のようなので、早稲アカの大学受験校との連携や今後の展開に期待できそうです。
今後の成長が期待できる早稲アカの大学受験校の展開で、まずは理系の大学受験に対応する一手と考えます。

トップカルチャー2007年3月月次

トップカルチャーの2007年3月の月次が発表されています。
全社前年比 106.0%
既存店前年比 101.5%
でした。
会社コメントも「書籍、レンタルを中心に好調に推移しました」です。
利益率の高いレンタルが今月も好調でした。

株価は低調ですが、業績は中間期の増収率を上振れしていますので好調を維持しています。

2007年3月月次

3月の投資成績は、
単月 -6.6%
年初来 -13.9%
でした。

今までの月次の中では最悪の数値です。
結局下方修正(懸念)銘柄をそのままもっているからです。正直株価がここまで落ちるとは思っていませんでした。下方修正銘柄は総じて売られすぎと判断していますが、おそらく来期の見通しがでるまでは上昇はしないでしょう。諦めています。

さて、フージャースですが、まだもっています。
会社説明会にでた人のブログを見ると、来期の販売予定が今期在庫+来期予定数のまま変更なしらしいので、そのまま持っています。もちろん来期も在庫は発生すると思っています。配当狙いならフージャースは持ちません。他によい銘柄はいくらでもあります。

来月もこの数値なら月次報告しません(苦笑)


| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。