プロフィール

Author:ashitagaaru

30代SE。男

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ご来場数

無料ホームページ ブログ(blog)

お気に入り リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェルト2008年2月期1Q

チェルトから2008年2月期1Q決算が発表されています。

カッコ内は前年比、単位百万円。単体決算。
07年2月期1Q 08年2月期1Q 07年中間 08年中間予想
売上高 12,230 15,061 25,481 34,690
(+23.1%)(中間予想+36.1%)
営業利益 465 651 1,244
(+39.9%)
経常利益 476 675 1,261 1,663
(+41.6%)(予想+31.8%)
当期利益 320 402 780 973
(+25.6%)(予想+24.7%)

チェルトは前期の8月に子会社を合併したので今期から単体決算です。
前期の1Q連結決算と比較しても以下の値。
売上げ前期比+13%
経常利益前期比+38%

特に経常利益の増益率が大きいので、まずまずのいい決算だと思います。売上げの増収比が中間予想より低いですが、中間予想に届くかは、開始したネットビジネスの寄与次第かな???

株価も銘柄同様、地味に上がっています。


スポンサーサイト

ブックオフ株主総会

某全国紙によると、ブックオフの株主総会は、冒頭で橋本会長が今回の騒動について陳謝した。その後株主から今回の騒動に対する質問はなかったようで、あっさり終わったようです。
今回株主総会にでている人は、売り抜けた人は別にしてほとんどの人が株価が下落し損失を受けているはずですが。。。。少しでも経営陣にプレッシャーを与えるような総会にならなかったのは残念です。
個人的には、株主総会でどのようなやりとりがあるのか興味をもっていたのですが。あとはメディアを通して、新社長や今後の調査についてチェックしていきたいと思います。

今週の売買

今週は月曜、火曜に以下の銘柄を買いました。
・ブックオフ(3313)
優待株
・ペガサスミシン(6262)
・フコク(5185)
・ビジネスブレイン太田昭和(9658)

ブックオフは売上不正計上・リベート問題の中間報告がありましたが、不正な売上げ計上が既に公表済みのもの以外にない模様と先に日経にかかれていたので1単元購入。
不正な売上げ計上がなければ購入しようと前から決めていました。
中間報告は12ページにわたり、詳細に記載されているので自分は評価しています。あとは、コンプライアンスとセクハラの調査ですが、ブックオフのビジネスモデル自体は変わらないし、本業の売上げには少なくとも長期的には関係ありません。また、坂元氏がどうなっても、しりません。
当然リスク面もあります。
・FCの獲得に悪影響
・若い経営者(とはいえビジネスモデルは既に確立されている)
・セクハラが発覚→短期的に客足が遠のく(大きく報道されなければ、自分はほとんど影響がないと思っている)


優待株については優待前に株価が上がったら売ることも考えていますが、以下のバリュー基準で選びました。
・低PER(12以下)
・低PBR(1.5以下)
・高配当(優待含めて3%以上)
・1単元の価格が低い(15万以下)
・分析はできないが、大雑把にみて事業に期待はもてる。

これで自分のPFの業種も分散されました。

持ち株 四季報

持ち株について四季報の内容について書いておきます。


■伊藤園(2593)
会社予想より若干四季報の方が今期予想の数字がよいです。優先株発行の場合、普通株比最大30%配当上乗せ意向とのこと。四季報は07年下期に優先株発行を予想しています。

■ラウンドワン(4680)
08年、09年3月期の決算数字は会社発表の数字と同じ。
既存店は2.5%減で慎重と書かれています。
→四季報の見解は会社予想は慎重。実際慎重であればよいのですがね。

■チェルト(3354)
会社予想とほぼ同じ。特にコメントなし

■早稲田アカデミー(4718)
会社予想とほぼ同じ。特にコメントなし

■大黒天物産(2791)
07年5月期の決算は発表されていないので、08年度は四季報で調査した数字。20%増収、24%増益予想です。また既存店は1%減想定。
→よい今期予想です。昨年度が悪かったこともあり既存店は今期1%減予想。この値は会社に調査してでてきた値だと思う。まずは既存店がクリアできるかが今期のポイントかな。

■創通 (3711)
6月2日に発表されている新ガンダムの記述がないので08年8月期の数字は、新ガンダムを織り込んでいない数字か?
07年8月期は純利益だけ10%多いが、他は会社予想と同じ。

■きょくとう(2300)
会社予想とほぼ同じ。特にコメントなし

■トップカルチャー(7640)
会社予想とほぼ同じ。特にコメントなし

きょくとう中間配当&増配

きょくとうから中間配当の実施と増配を発表しています。
年間10円から中間、期末各5.5円に変更です。
昨日の株価で配当利回りは2.38%です。

2月の配当権利落ちから株価が低迷したままですので、中間配当実施で年間の株価を少しでも平準化したいのでしょう。
まあ増配はうれしいです。

ラウンドワン2007年5月月次

ラウンドワンから5月月次が発表されています。

休日1日減なので、既存店前年比マイナス(-5.3%)はしょうがないといえなくもないが、注目の計画比は-1.6%ですか。。。

これで、今期予想は保守的との見方が裏切られ、相変わらずの強気予想だったわけですね。成長率は前年比22.1%増と申し分ないのに、強気計画で下方修正するから株価が上がらないのです。は~。

今期も株主は辛抱ですね。。。

大黒天物産 2007年5月月次

大黒天物産2007年5月月次が発表されています。

全店当月前年比 131.4%
既存店当月前年比 99.9%

全店累計前年比 128.0%

2007年5月期連結決算の売上げ予想が128.92%増ですから、
連結分が1%上乗せされると売上げは、決算予想に届いたと思います。あとは利益面ですが、増収増益を維持してほしいです。

しかし、前年の既存店が悪かったこともありますが、既存店99.9%は驚きでした。

伊藤園2007年4月期決算

伊藤園から2007年4月期決算が発表されています。

カッコ内は前年比、単位百万円。
06年4月期連結 07年4月期連結 08年4月期連結予想
売上高 288,077 310,200 336,700
(+7.7%)(予想+8.5%)
営業利益 21,066 22,796 24,470
(+8.2%)(予想+7.3%)
経常利益 20,526 22,267 23,600
(+8.5%)(予想+6.0%)
当期利益 11,685 12,261 13,370
(+4.9%)(予想+9.0%)

伊藤園は最初から高成長は期待できないので、昨年の夏が短かったことを考えると、安定成長のよい決算だと思います。

また5年後2012年の中期計画を発表しています。
07年実績→12年計画
売上高 310,200→500,000(百万)
ROA 9.5%→10%
EPS 137.59→220.00
配当性向 34.2%→40%

売上高、EPSは年平均で約12%増。安定成長継続ですね。

TULLY'S COFFEE BARISTA'S SPECIAL

伊藤園からTULLY'S COFFEE BARISTA'S SPECIALが首都圏のコンビニ限定で発売されています。商品コンセプトが伊藤園ですね。

TULLY'S COFFEE BARISTA'S SPECIALのコンセプトは、
・厳選したアラビカ種を100%使用
・豆を挽いてから24時間以内に抽出
・香料・乳化剤不使用。自然のままのおいしさ

おーいお茶は
・国産茶葉100%使用
・おいしさは香り、自然抽出・フレッシュ製法
・無香料・無調味。自然のままのおいしさ

です。原料や製法は違うにしても目指している所は同じです。原料にこだわり、自然のままのおいしさを提供する。また味の要素である香りを重視しています。TULLY'S COFFEE BARISTA'S SPECIALの広告をみて、TULLY'Sの買収は伊藤園にとって成功だったと思いました。伊藤園が大事にしている商品コンセプトが詰まっています。他のコーヒーチェーンでは、これは難しかったかもしれません。

TULLY'S COFFEE BARISTA'S SPECIALは電車内のつり革広告等で大々的に宣伝していました。消費者にどう受け入れられるかわかりませんが、期待しています。

早稲アカ 株価下落

早稲田アカデミーの株価が5月に急落しています。
5月の下落率は-21.35%です。

理由としては、以下があるかなと思います。
■今期予想がいまいち
今期から連結になりますが、中間で減益、通期で増益も増益率が小さく、期待はずれだった。実際に私も決算後に持ち株を一部売りました。今の株価なら売りませんけど。。。
個人的には保守的な決算だと思っていますので、前々期、前期同様、今年も中間で上方修正を期待しています。
買収した野田クルゼですが、短期的には赤字で業績の足を引っ張ると思いますが、大学医学部受験に強みをもつので、早稲アカがまだ弱い理系の大学受験の強化として、早稲アカにはメリットがあると思っています。早稲アカは難関校受験での合格実績で他塾との差別化をしていますので。

■ゆとり教育の見直し
教育再生会議で議論されていますが、来年度から授業数10%増として土曜日授業も認める方向のようです。当然、塾業界にはマイナスなので、株価が反応しているのかもしれません。が、早稲アカの場合それほどマイナスでもないと思っています。土曜日授業で問題の一つが先生の勤怠です。週休1日となります。そこで既に学校への出張授業を行っているパイオニアの早稲アカに出張授業を依頼する学校が増えると思っています。

■大口の売り?
どっかのヘッジファンドか中間決算対策で売った?まあ、よくわかりません。

思いつくのはこれ位です。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。